LABOR ROBOT

基本的な労務管理業務の
全てに対応します。

社会保険労務士(社労士)とは、企業における労働や社会保険に関する法律の専門家であり、人事や労務管理においても非常に重要な監督者といえる専門家です。企業としては、助成金・補助金の受け取り、人事評価や採用を含めた労務管理業務など、さまざま形で社労士の力を借りる機会も多いでしょう。

労務ロボは、そんな労務管理の全てをシステムに落とし込み、業務の効率化をはかります。また、将来的には企業にとって重要な「人」の管理である人事評価や採用に関する新たなサービスの導入も予定しています。

3つの特徴

実績を持つ専門事務所が直接監修することで、 より信頼性のあるサービスを提供します。

労務という専門的な業界で確かな実績と技術を持った事務所が直接監修に入っています。そのため、優秀な人材の能力も踏まえた、AIやロボットの力だけに頼ることのないサービスを高品質で提供することができます。

時代に沿った適切な会社作りをサポートする、 新しい形の労務システムを提供します。

システム開発により労務管理をデータ化、業務量を大幅に簡略化します。時間や人のコストを抑えることに加え人為的なミスを削減、今までかかっていた従業員のストレスを減らし企業をサポートします。

人とAIの連携を深め業務を効率化、 持続可能な社会に貢献します。

株式会社Robot ConsultingはSDGsの体現を目指し、「司法をより身近な存在にする」という考えを重要な指標の一つとしています。AIやシステム開発を用いた労務ロボを通して、豊かな社会づくりに貢献します。

機能紹介 労務ロボは、自社で開発したAIやシステムを活用し、あなたの会社をサポートします。

従業員に合わせたAIによる最適な評価制度

従業員の評価を公平に判断するAIを実装予定。評価だけでなく、多種多様な人材に合わせた適切な育成方法や、人事に関する判断を最適化。AIの精密な分析により、全ての従業員が最大限パフォーマンスを発揮できる環境をつくります。

従業員のデータベースもシステムで簡単管理

労務管理で扱われる膨大な従業員のデータをシステムで簡単管理。バラバラだった従業員情報を一つにまとめることで業務時間の短縮や、人為的なミスをなくします。また、ペーパーレスにより書類の紛失・破損も防ぐことができます。

助成金の申請もタイムフロー管理で楽々入金

助成金・補助金の申請や受け取りなど、時間や手間のかかる業務をタイムフロー管理で効率化。業務工数を減らすことで従業員の負担を削減、企業の更なる成長をサポートします。

今後の展望

勤怠管理をシステムと連動、 データの管理が可能になります。

勤怠管理・シフト管理・超過労働対策など、従業員の管理に必要なデータのシステム化が可能になります。その他、基本的な労務管理の全てに対応しています。

同一労働・同一賃金の推進と、AIによる人事評価一括管理。

人の手で全て行われていた必要工数の多い業務のスケジュール管理をシステム化、業務の負担を軽減。AIの人事評価では平等で公正な評価を実現します。

バーチャル上のアバターに音声入力で相談可能に。

将来的には、スマートグラスやコンタクトレンズを通してVR空間にアクセスし、文字通りいつでもどこでも、バーチャル上の専門家に対話ベースで相談が可能に。これからの労務を支える新しいサービスを提供します。